最強・最速!お腹の脂肪を短期間で落とす方法とは?

気が付いたらお腹にたっぷりとついてしまっていた脂肪

あれを落とすのには結構な努力と時間がいりますよね。

しかし、上手く工夫すると短期間であの脂肪を落とすことも可能なのです。

そこで今回は最速でお腹の脂肪を落とす方法をご紹介します。

スポンサードリンク



お腹の脂肪を落とすポイント

まずはお腹の脂肪を落とすポイント・基本的な方法からご紹介します。

ポイント①摂取カロリーを少なくする

お腹に脂肪が付いたということは、元をただせば食べ過ぎ・カロリーオーバーだったと言えます。

単純に考えて、一日に2000キロカロリーを摂取して、1500キロカロリーしか消費しなければ、余った500キロカロリーが脂肪となって体についていくことになります。

これを毎日繰り替えてしていけば、どんどんお腹や足に脂肪がついていくのは当たり前ですよね。

すでにお腹に脂肪がついてしまっているという人のほとんどは、これまでの食生活において「カロリーオーバーだった」と反省し、食生活を改める必要があるでしょう。

ただし、反省したからといってまったく食べないのはいけません。

美容や健康のことも考えると、タンパク質やビタミン、ミネラルは必須ですし、その他の栄養素も0ではダメです。

そこでおすすめなのが、食べる量を減らすのではなく、調理法と食材を変えることです。

まず調理法ですが、お腹の脂肪を落とすのであれば、揚げ物は厳禁です。

それに類似して脂っこい調理法は避けるべきです。

例えば、鶏の唐揚げよりは焼き鳥の方が圧倒的にローカロリーですし、焼肉よりもローストや蒸し料理の方が良いです。

次に食材ですが、これは脂身と甘さのある食材を避けるようにしましょう。

例えば、鶏のモモ肉よりはむね肉の方がローカロリーですし、味の濃い脂ののった魚よりも、淡泊な味の白身魚の方が良いです。

もっといえば、魚介類ではイカが極めてローカロリーです。

また、野菜も炭水化物を多く含むイモ類は避けるべきです。

ビタミンの補給という意味では、ブロッコリー、赤ピーマン、豆苗などが良いですよ!

スポンサードリンク



ポイント②消費カロリーを多くする

摂取カロリーを減らすのと同時に、消費カロリーを増やすのもお腹の脂肪を落とすのに効果的です。

そして消費カロリーを増やすためには、体を動かすしかありません

つまり、運動や労働ですね。

こうして体を動かした結果、二つの効果があります。

一つは、体を動かす時にエネルギーとして脂肪を分解し消費するというものです。

もう一つは、体を動かしたことで筋肉がつき、毎日の基礎代謝があがるというものです。

短期間でお腹の脂肪を落とすという意味では、「体を動かすことでエネルギーを消費する」のが大事ですが、長期的に太りにくい体を作るという意味では、「筋肉をつけて基礎代謝をあげる」ことの方が効果的ですよ!

短期間で脂肪を落とすためには?

お腹の脂肪を落とすためには摂取カロリーを抑えることと消費カロリーを増やすことがポイントな訳ですが、短期間で痩せるにはどうすべきなのでしょうか?

答えは、いくつかのダイエット方法を組み合わせること、です。

もっといえば、摂取カロリー制限系のダイエットと消費カロリー増大系のダイエットのミックスです。

この二つがお腹の脂肪を落とすポイントな訳ですから、組合せれば効果が高まるのは当然ですよね^^b

そして、この摂取カロリー制限系と消費カロリー増大系の組み合わせにもう一つ加えたいのがサプリです。

サプリはそれだけでは効果を発揮しませんが、何かのダイエットのサポート役としては非常に優秀ですよ!

食事管理+運動+サプリが最強・最速!短期間ダイエットの具体例

さて、ここからは、「短期間でお腹の脂肪を落とす」ための具体的ダイエット方法をご紹介していきます。

前述した通り、基本は「摂取カロリー制限 + 消費カロリー増大 + サプリ」です。

パターン①:置き換えダイエット + 有酸素運動 + 食欲抑制系サプリ

まず最初にご紹介するのは、「置き換えダイエット + 有酸素運動 + 食欲抑制系サプリ」のパターンです。

これは日頃から食べ過ぎの傾向がある人に向いています

一日3食の食事のうち、1食を野菜ジュースやフルーツなどに置き換えることで摂取カロリーを減らします。

ただし、これだけではお腹が空くので、食欲抑制系のサプリを飲みます。

食欲抑制系のサプリとは、胃の中で膨らんで満腹感を演出し、食事の量を減らすことを目的としたサプリです。

置き換えダイエット用のジュースや食品にこの機能が備わっている場合もあります。

食事の量を減らすことで30代の一般的な男性なら2100キロカロリー以下女性なら1750キロカロリー以下に抑えることができれば、それだけでもいくらかは痩せていくはずです。

もちろん、脂っこい物や甘い物は控えるようにします。

また、炭水化物も少なめにし、その分野菜や脂身の少ない肉・魚を多く摂るようにします。

このようにして摂取カロリーを抑えつつ、有酸素運動も加えていきます。

代表的な有酸素運動としてジョギングがありますが、30分で200キロカロリー前後を消費します。

これはお茶碗1杯の白米に相当します。

それを毎日続けることで、かなりの効果が望めます。

ピンポイントでお腹の脂肪を落とすということであれば、有酸素運動の前に腹筋をやるともっと良いですよ!

パターン②:脂肪燃焼スープダイエット + 有酸素運動 + 脂肪燃焼系サプリ

次にご紹介するのは、「脂肪燃焼スープダイエット + 有酸素運動 + 脂肪燃焼系サプリ」という方法です。

脂肪燃焼スープダイエットとは、野菜を中心としたスープを1週間食べ続けるダイエット方法で、ルール通りにやれば確実に痩せると言われているダイエット方法です。

玉ねぎ、キャベツ、ピーマン、セロリ、人参、ホールトマト缶を材料にスープを作り、コンソメ、塩、胡椒で味付けします。

これを毎食食べつつ、炭水化物を徹底的に排除します。(炭水化物を食べていいのは6日目の玄米だけです)

5日目と6日目には脂身の少ない肉または魚を食べますが、それ以外の日はスープと野菜、フルーツだけで過ごします。

(ただし、食べる量はさほど制限する必要はありません)

この食生活をしつつ、有酸素運動も取り入れていきます。

さらに、運動の30分ほど前に脂肪燃焼系サプリを飲んで有酸素運動の効果を高めるようにします。

(この時に飲むサプリはカロリー0か極めてカロリーの少ない物にしてください)

以上をきっちりやれれば、1週間で数キロ痩せることが可能ですよ!

まとめ

お腹の脂肪を落とすには、「摂取カロリー制限 + 消費カロリー増大 + サプリ」のダイエットをやるのが効果的です。

そうすることで短期間でしっかりとお腹の脂肪を落とすことができます。

ただし、これはあくまでも短期間で痩せるための方法です。

長期的に考えれば、筋トレである程度の筋肉をつけて、太りにくい体を作る方が健康的だといえます。

以上を踏まえて、スッキリとした美ボディを作ってくださいね!

最後に、劇的に脂肪燃焼を促す○○

お腹を脂肪を減らすのに手助けをしてくれる、AkkIも長年愛用している脂肪燃焼に効果的でコスパの良いサプリを紹介しますね(^^♪

生漢煎(しょうかんせん)と言いまして、

運動する前に飲むと更に効果があります!2週間で3キロ減りました(^^♪

なお、男女別に以下の公式サイトで丁寧に説明していますよ!

衝撃!生漢煎(防風通聖散)の口コミ10件を徹底検証!

スポンサードリンク



  P.S.

開始1か月で現在189人の方が購読している<細マッチョ.com公式メルマガ>では、正しい食事と筋トレで細マッチョになるための考え方やノウハウを公開しております。

  無料メルマガにご登録いただくと、いまならの無料特典をプレゼントいたします。

  もちろん完全無料で費用は一切かかりません。

  また解除も簡単にできますので、ぜひお気軽に読んでみてください。

無料登録はこちらから↓

【細マッチョ.com公式メルマガ】