スッキリ美脚になれる☆太ももの脂肪を落とす方法6選

太もも脂肪というのは、脚が短く見えるのでできるだけない方がいいですよね。

しかし、普通に生活していているだけではなかなか落とすのが難しいものです。

そこで今回は、太ももの脂肪を落とすのに効果的な方法をご紹介します。

スポンサードリンク



太ももの脂肪を落とす基本的な考え方

脂肪を落とすために様々なダイエットの方法が提案されていますよね。

しかし、脂肪が落ちる仕組みをよく考えてみると、効果がない方法も多いようです。

そこでまずは、脂肪を落とすということがどういうことなのか、という点からご説明します。

脂肪は燃焼させなければ落ちない

脂肪とは、本来エネルギー源として体に蓄えわれているものであり、エネルギー源が不足してきた時に使用されます

つまり予備のバッテリーみたいなものですね^^

逆にいうと、エネルギー源が不足する状況にならない限りは、脂肪は使用されない訳です。

それではエネルギー源が不足する状況とはどんな状況でしょうか?

それを簡単に言えば、1日の消費カロリーが摂取カロリーを上回った時です。

ということは、脂肪を落とす方法として有効なのは、

  1. 消費カロリーを増やす
  2. 摂取カロリーを減らす

のどちらか、あるいは両方ということになりますよね^^

このことを踏まえたダイエット方法であれば、多かれ少なかれ効果はでるはずです。

スポンサードリンク



消費カロリーを増やすには?

消費カロリーを増やす方法は大きく分けて2通りあります。

一つは有酸素運動等の運動や体を動かす労働をして、その場でカロリーを消費する方法です。

もう一つは、体に筋肉をつけて基礎代謝をあげ、日々の生活の中で少しずつ消費していく方法です。

ちなみに、「基礎代謝をあげる」「脂肪を燃焼させる」「消費カロリーを増やす」などを効果にうたったサプリが沢山ありますが、それらのサプリはあくまでもサポートであって、それだけでは脂肪を落とすことはできませんよ(^^;)

摂取カロリーを減らすには?

摂取カロリーを減らすには食事の内容・量を見直すしかありません。

  1. 脂っこい物を控える
  2. 甘い物を控える
  3. 主食の量を減らす
  4. 満腹感が早くくるように工夫する

以上の4点が具体的な方法となります。

ちなみに、30代の一般的な女性が1日に必要とされるカロリーは1750キロカロリー、男性ならば2200キロカロリーほどです。

この範囲におさめることが摂取カロリーの目安となります。

なので、唐揚げに大盛りご飯、食後にデザートと甘い飲み物といったような食生活では、簡単にカロリーオーバーとなってしまいます(^^;)

このように、食事の内容と量を見直すことが基本となりますが、サプリを使うことで効果を高めることもできます。

例えば、脂質や糖質の吸収を抑えるサプリや、食欲を抑える効果のあるサプリです。

サプリはあくまでも補助に過ぎませんが、賢く使えば様々な効果を高めてくれますよ!

有酸素運動で脂肪を落とす方法

消費カロリーを増やす方法の一つである有酸素運動は太もも等の脂肪を落とすのにとても効果的な方法です。

中でもオススメな有酸素運動を3つご紹介します。

ランニング

ほとんどコストがかからず、手軽に始められるのがランニングです。

運動が苦手という人もいると思いますが、脂肪を落とすことを目的としたランニングでは、速く走る必要はありません

ゆっくりとしたペースで良いので、長時間走り続けることを重視してくださいね!

目安としては60分間走り続けること。

これで250キロカロリーほど消費できるはずですよ!

エアロバイク

天候や気温に左右されず、自宅でできるという点でオススメなのがエアロバイクです。

家庭用として1万円程度のエアロバイクが沢山発売されています。

エアロバイクもランニング同様、速く漕ぐことよりも、長時間こぎ続けることが重要です。

60分間続けると300キロカロリーほど消費できると言われていますよ^^b

水中ウォーキング

非常に多くのカロリーを消費できるという点でオススメなのが水中ウォーキングです。

近くのプールで歩き続けるだけの有酸素運動ですが、ランニングやエアロバイクよりもはるかに消費カロリーが多く、60分間で600キロカロリー以上消費できると言われています。

プールに通うことができる人は是非やってみてくださいね!

実は運動もやり方次第で大きく効果が変わるということをご存知でしょうか?どうせなら、効率よく脂肪を燃やしましょう。

どんどん体重が落ちていく♪脂肪燃焼させる運動メニュー

基礎代謝をあげて脂肪を落とす方法

長期的にみれば、筋肉をつけて基礎代謝をあげる方が、有酸素運動よりも多くの脂肪を落とすことができます。

筋肉がつくまで数か月かかるというネックはありますが、人間の体は加齢とともに筋肉が衰えていくようにできていますから、若々しい体を維持するためには、筋肉が衰えないように維持する方が良いと思いますよ!

スクワット

スクワットは太ももをはじめ、ふくらはぎ、お尻等、下半身を全体的に鍛えるエクササイズです。

スクワットのやり方

  1. 脚を肩幅よりもやや広くとって立ちます。
  2. 膝を曲げ真下に腰を落としていきます。
  3. 膝が90度に曲がるくらいまで腰を落としたら、元に戻ります。

腰を落とす時に息を吸い、戻す時に吐くのがポイントです。

エクササイズ初心者であれば、30回×3セットを最初の目標とし、そこから徐々に回数を増やしていってくださいね。

ランジ

下半身全体を鍛えるのにはランジも有効です。

ランジのやり方

  1. 直立した状態から右足を大きく前に踏み出し、腰を落とします。
  2. 膝が90度に曲がるくらいまで腰を落としたら、右足を引いて直立に戻ります。
  3. 左足も同様に行います。

腰を落とす時に息を吸い、戻す時に吐きます。

まずは20回×3セットを目標にしましょう。

最初のうちは太ももがプルプルするくらいの刺激があると思いますよ(^^♪

サイドランジ

サイドランジ太ももの内側に非常によく効くエクササイズです。

太ももの内側に隙間ができるとスリムでカッコイイ脚に見えますから、しっかりと鍛えておきましょう!

サイドランジのやり方

  1. 右足を真横に大きく踏み出します。
  2. 体重を右足にかけていきます。
  3. 元に戻ります。
  4. 左足も同様に行います。

胸をはって行うのがポイントです。

最初は20回×3セットを目標にしましょう!

まとめ

太ももの脂肪を落とすには、摂取カロリーを抑えつつ、消費カロリーを増やすのが効果的です。

特に消費カロリーを増やすのは重要で、今回は有酸素運動による方法3つと基礎代謝をあげる方法3つをご紹介しました。

どの方法であっても、すぐに脂肪が落ちるというものではないので、継続していくことが重要です。

根気よく続けていけば、徐々にスッキリ美脚が出来上がってきますよ!

簡単に解決!食べても太らない運動量と食事量ってどのくらい??

スポンサードリンク



  P.S.

開始1か月で現在189人の方が購読している<細マッチョ.com公式メルマガ>では、正しい食事と筋トレで細マッチョになるための考え方やノウハウを公開しております。

  無料メルマガにご登録いただくと、いまならの無料特典をプレゼントいたします。

  もちろん完全無料で費用は一切かかりません。

  また解除も簡単にできますので、ぜひお気軽に読んでみてください。

無料登録はこちらから↓

【細マッチョ.com公式メルマガ】