太らないお菓子レシピに活用されている材料・調味料7選 大公開!

「スイーツやお菓子は食べたい、でも太りたくない!」そう思いません?

でも、安心してください(^^♪

スポンサードリンク



今、クックパッドを見ると、糖質制限スイーツとか、低カロリーお菓子などのレシピが数多く紹介されています。

だから、作ればいいんです!太らないお菓子を!!若しくは作ってもらえばいいんです(^^)/

でも、買うのも一つの方法です(笑)

作り方自体はクックパッドを見て頂くとして、今回は「太らないお菓子を作るのにどんな材料や調味料を使えばいいかをチェックしていきたいと思います。

1.太らないお菓子で使われる材料

普通のお菓子でよく使われる主な材料と言えば、小麦粉、砂糖、牛乳、生クリーム、油などです。

でも、これらの材料を普通に使うと美味しいですが、高カロリーのお菓子が出来てしまいます(T_T)

そこで、それぞれの代わりとなる、太らないお菓子に必須な低カロリーな代用品を紹介します!

1)小麦粉の代わりになるもの

小麦粉10gを揚げると約10gの砂糖と同じぐらいの糖質になります。ただの粉なのに小麦粉恐るべしです。

小麦粉を水に混ぜるとヌルヌルになりますよね、それをグルテンって言われるのですが、そのグルテンが原因で太るので、グルテンフリーダイエットというのもあるくらいなんです。グルテンは太りますよってことです。だから、小麦粉が良く使わているお菓子は注意ですよ。

また、小麦粉には中毒性があるようで、食欲を刺激するようです。食欲が減る方に刺激してくれればいいのですが、逆に食欲旺盛になる方に刺激してくれるので、小麦粉スパイラルで太ることもあります。

スポンサードリンク



そんな小麦粉さんの代わりになる低カロリーな材料は、おからパウダーです。

おからパウダーのメリットを少し紹介しますね。

  • 豆乳や豆腐を作るときの副産物として生成される「おから」を乾燥させたものなので、大豆イソフラボン多く含まれており、美肌になる
  • バストアップ効果
  • 女性ホルモンも活発になり、生理痛も和らぐ
  • 安眠効果
  • 食物繊維やカルシウムをたっぷり含んでおり、たんぱく質や炭水化物、カリウムにも富んでいる栄養価の高い食材
  • 食物繊維が豊富のため、腸のぜん動運動を促してくれるので便秘の解消にもなる
  • お腹の中で水分を吸って満腹感が得られ食べ過ぎ防止してくれる効果
  • おからパウダーは低価格
  • 水をかければ、4~5倍にふくらむので、見た目よりもたっぷり食べれる
  • もちろん低糖質 100gあたりの糖質は5.9g、ちなみに小麦粉の100gあたりの糖質は70gを超えますからね!

効果が多岐に渡っていて、スーパーフードです!これを活用しない手はありませんね(^^)/

なお、使用する量ですが、基本レシピで記載されている小麦粉と同じ量で一度作ってみて、仕上がりの味や状態から増やすか減らすかを判断するという流れがいいようです。

おススメのおからパウダーはこちら。地味ですが、低糖質で体にいいので、重宝しますよ~(^^♪

おからパウダー

 

 

 

 

 

 

乾燥おから1Kg 4個(4Kg)セット

価格:864円
(2016/6/25 11:38時点)
感想(814件)

また、小麦粉も入っているけど、糖質オフ、糖類ゼロのミックス粉もあります。楽天ランキング(パン・ジャム部門)で1位になってますから、こちらもおススメです。

その名も「糖質オフのふすまパンミックス」

小麦ふすまを使ったミックス粉なので、これでお菓子やパンを作ると大幅に糖質オフのものが出来ますから、太らないお菓子作りにも最適ですよ(^^)/レシピもクックパッドで100種類を超えます!

ふすまパン 糖質制限レシピ 102種類

ふすまぱん

2)砂糖

お菓子に甘さは必須です。その甘さの元となるのが、お砂糖です。でも、太らないお菓子に入れてしまうと、太ってしまいます(笑)

そこで、甘さはあるけれど、太りにくい、太らない砂糖の代わりになる調味料を紹介します。

①はちみつ

砂糖の代替品として一番メジャーなのがハチミツですね。AkkIもヨーグルトに砂糖の代わりに入れたり、よく活用しています。

まず、はちみつのいいところは、お砂糖(上白糖)に比べカロリーが低いところです。砂糖の100gあたりのカロリーは384kcal、ハチミツは294kcalで、約20%のカロリーがカットできます。しかも、砂糖より甘いんです。砂糖の甘さの1.3倍らしいです。だから、レシピに砂糖大さじ3杯って書かれてあったら、はちみつなら、大さじ1杯でOKです!

具体的にいうと砂糖大さじ1杯=9g はちみつ大さじ1杯=21gです。砂糖大さじ3杯は9g×3杯=27g。はちみつ大さじ1杯21gですが、砂糖の1.3倍の甘さなので21g×1.3倍=27.3gです。ほら、一緒の量になったでしょ(^^)/

また、はちみつは砂糖よりGI値(グリセミック・インデックス)が低いので、シンプルに言うと砂糖よりは太りにくいです。GI値が高いと摂取すると血糖値が急激に上がります。すると、それを下げようと、すい臓からインスリンが出てきます。しかし、インスリンには血糖値を下げる効果のほかに、ブドウ糖を脂肪にしてカラダにためる働き
あるんです。血糖値が急激に上がるほど、インスリンが大量に出てくるので、脂肪が作られる割合が増えてしまうのです。つまり、太るってことです。

だから、低GI値の食べ物を食べた方がいいんです。ちなみに、はちみつのGI値=85 砂糖のGI値=110です。はちみつも決して低GI値と言えませんが、砂糖よりはかなり低いので、太らないお菓子にはお砂糖よりはハチミツがいいですね。

塵(砂糖)も積もれば山(ぜい肉)となります(笑)

では次にはちみつよりもお勧めな甘味料を紹介しますね。

②メープルシロップ

メープルシロップは楓の木から採れた蜜です。ミネラル分が豊富でカロリーが控えめな為、とても幅広く利用できる甘味料なんです。

上白糖、ハチミツ、黒砂糖、メープルシロップ、4つの主な甘味料のカロリーを比較してみると、メープルシロップが一番カロリーが低い甘味料で、一番カロリーが高い上白糖と比べると100kcal以上もカロリーが低いんです!!

これすごくないですか?また、メイプルシロップは血糖値の急激な上昇を抑える作用がある、低GI食品なので、簡単にいうと太りにくいんです。ちなみにGI値は46です。

かなり低いですね~。

だから、太らないお菓子などで甘さが必要な時はメープルシロップがおススメですよ(^^♪家に常備しておくと便利です。

SONY DSC

次は、人口甘味料を紹介します。

③スリムアップシュガー

これもAkkI愛用品です。太らないお菓子だけでなく、普通の料理にお砂糖の代わりに使ってます。カロリーは普通の砂糖の3分の1です!

砂糖のおいしさがそのままの砂糖加工品です。味は砂糖と変わらず、甘さシッカリです。

太りたくない人や太らないお菓子を作りたい人は入手しときたいですね。ドラッグストアなどでも置いてますが、ネットの方が安いことが多いです。

スリムアップシュガー

 

 

 

 

 

6.生クリーム

ケーキには生クリームが絶対必要!!っていう、心のリミットを外しましょう。例えば、ヨーグルトムースクリームを使っても美味しいケーキが作れます

ちなみにこのキウイ&ヨーグルトのムースケーキも美味しそうです(^^)/

ムース

 

 

 

 

 

 

 

糖質制限◆キウイ&ヨーグルトムースケーキ

どうしても、生クリームが食べたい時は低脂肪の生クリームを使いましょう。そして、スリムアップシュガーか、ハチミツか、メープルシロップを使って少しでも太らないお菓子になるようにしましょう。

でもどうしても、甘いものが食べたい日があれば、その人チーティングの日にすればいいんです。チーティングとは爆食いのこと。

普段抑えた食事をしている人には2週間に1回とか、頻度を決めてするのは効果ありですよ。

詳しくはこちらの記事で紹介しています?誰でも細マッチョになれる食事制限が凄すぎる!

7.油

サラダ油やバターの代わりに、菜種油やグレープシードオイル、ココナッツオイル、オリーブオイルをチョイスしましょう。

ココナッツオイルは腸をキレイにしてくれる効果があり、おススメです。少し高いので、コストコなどでまとめ買いしましょう。

他のオイルも体にいいので、是非使いたいですね。AKKIはオリーブオイル派です。オリーブオイルも油なのでカロリーや油分はあるのですが、体にいいので、どうせ油分を体にいれるなら、健康になれるものをってことで、オリーブオイルを使用しています。

オリーブオイルは腸活にも効果があります。便秘で悩んでいる方も活用してみてください。こちらの記事で紹介しています?【完全版】かっこいい体を手に入れるための食事はこれだっ!

8.太らないお菓子のレシピに活用されている材料・調味料 ?7選 まとめ

さて、今回は「太らないお菓子のレシピに活用されている材料・調味料 ?7選 大公開!」ということで紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

おさらいすると、

・材料や調味料を選べば、太らないお菓子を作って食べることが出来る。

・クックパッドなどにも糖質制限のレシピが多くあり、便利。

・カロリーやGI値をチェックして、出来るだけ低いものを選ぼう。

・ただ、低カロリー・低GI値で太らないお菓子でも、食べ過ぎには注意です。

そして、菓子をどうしても食べたい時は、15時から18時の間がベストです。そう、昔から言われているおやつの時間ですね。この時間は体温が高い時間帯なので太りにくい時間帯と言われています。

材料や甘味料を上手に選択して、太らないお菓子を食べて、うまくダイエットして、かっこいい体になりましょう!

それでは今回はこのへんで。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました!

なお、食べても太らない時間については、以下の記事がよく読まれています。

必見!食べても太らない時間帯、食べ物を徹底調査!

 

スポンサードリンク



 

管理人AKkiの妻 愛用!着るだけでクビレが出来るブラトップ💛


ABOUTこの記事をかいた人

社会人になり晩酌を覚え、結婚し、好きな物を毎日3食、普通に食べていたら、 10年間で10キロ以上太って、正真正銘のメタボになってました。77キロ→約90キロ 妻から結婚する前はこんなブヨブヨな身体じゃなかったのに、、と言われ、一念発起! 数々のダイエットをし、失敗してきましたが、 今回150日間で体重で約15キロ減、体脂肪率約11%減を達成できました。 「痩せる方法がわからない」 「ダイエットをしても続かない」 といった方々に、私が今回取り組んだ効率の良いやり方・考え方を少しでも伝えたいと思っています!