寝ながらでもできる☆足首を細くするダイエット術5選

ズボンを履いてもスカートを履いても見えてしまうのが足首です。

それだけに、足首はできるだけ細くしておきたいですよね。

そこで今回は、寝ながらでもできる足首を細くするダイエット術をご紹介します。

スポンサードリンク



足首が太いのはむくみが原因だった?!

自覚がない人も多いようですが、足首、ふくらはぎ、太ももなどが太い原因の一つとして、むくみが考えられます。

例えば、太ももをギュッと握ってみてください。

そこにセルライトがハッキリとでる人もいると思いますが、セルライトはむくみが慢性化した結果です。

そして、セルライトができるほど太ももが含んでいるということは、太ももから下に位置するふくらはぎや足首もむくんでいる可能性が非常に高いのです。

足を細くしたいという人は真っ先に脂肪を落とすことを考えるかもしれませんが、足についているのは脂肪ばかりではないということですね(^^;)

ちなみに、むくみとは余分な水分や老廃物が溜まってしまっている現象です。

そのため、基本的には、

  • 溜まっている余分な水分や老廃物を流す
  • 余分な水分や老廃物が溜らないようにする

の2点が効果的な解消法となります。

スポンサードリンク



寝ながらでもできる足首を細くするダイエット術5選

足首を細くするにはむくみを解消することがポイントです。

それが寝ながら出来たら楽ですよね(^_-)-☆

そこで、寝ながらでもできる足首のダイエット術をご紹介していきます。

これを毎日続けることで、徐々に足首が細くなっていきますよ!

①足を上げる

  1. 壁などに足をつけるようにして上げ、仰向けに寝ます。
  2. 足の裏を天井に向けます。
  3. この状態を3分間キープします。

このエクササイズは足首を高く上げることで、溜まっている余分な水分や老廃物を下に落とすことを目的としています。

非常に単純な原理ですが、日常生活においてここまで足首が高く上げることはありませんから、細くする効果は高いですよ!

寝ながらできる非常に楽なエクササイズなので、積極的にやっていきましょう!

②くるぶしをマッサージ

  1. 内側のくるぶしの周りを時計回りに親指でマッサージします。
  2. 5周マッサージします。
  3. 外側も同様に行います。

力加減は「イタ気持ちいい」くらいが丁度良いです。

ただし、余分な水分や老廃物が溜まっている人ほど、少ない力で痛く感じると思います。

仰向けに寝ながら片足の膝を立て、その足に反対の足をのせて行うとやりやすいですよ!

③アキレス腱のマッサージ

  1. 親指と人差し指でアキレス腱を挟みます。
  2. かかとらふくらはぎに向かってゆっくりとマッサージします。
  3. 左右5回ずつくらいが目安です。

アキレス腱のマッサージでは、必ずかかとからふくらはぎに向かって行うようにしてください。

そのため、マッサージの動作は往復ではなく、常に一方通行となります。

④足の甲のマッサージ

  1. 手で握りこぶしを作ります。
  2. 足の甲を指先からかかとの方向に向かってマッサージします。
  3. 左右5回ずつくらいが目安です。

足の甲のマッサージは人によっては非常に痛いかもしれません。

そのため、マッサージ用のオイルやジェルを使った方が良いでしょう。

足の甲に限ったことではありませんが、軽い力でも押すと痛い部分がある場合は、そこに余分な水分や老廃物が特に多く溜まっていることを意味します。

なので、痛い部分に関しては回数を増やして重点的にマッサージするようにしましょう!

⑤足首回し

  1. 仰向けに寝ながら右足に膝を立てます。
  2. 左足を右足の上にのせます。
  3. 右手の指を、左足の指の間に入れます。
  4. 左手で足首をつかみます。
  5. 右手を使って足首を20回回します。
  6. 反対側も同様に行います。

足首回しは足先の血行を良くするのにとても効果的です。

仮に手が使えない状態であっても、気が付いた時に足首だけ回しておけばOKです。

例えば通勤中の電車待ちや信号待ち、イスに座っている時、エレベーターに乗っている時など、こまめにやっておくことをオススメします(^_-)-☆

そもそもむくまないようにするには?

上記ダイエット術で足首を細くしつつも、これ以上むくまないように気を付けることも重要です。

それでは、どうすればむくまなくなるのでしょうか?

その対策をご紹介します。

ふくらはぎを鍛える

運動不足の人はふくらはぎの筋肉がかなり衰えているはずです。

ふくらはぎの筋肉は血液やリンパを全身に循環させるポンプの役目を果たしていますから、これが衰えてくると余分な水分や老廃物が溜まりやすくなります。

そこで、日ごろからふくらはぎを鍛えておく必要があるのです。

具体的には、両足でつま先立ちになった後、かかとを床スレスレまで下すことを20回繰り返すエクササイズをすると良いですよ!

どこでもできるエクササイズですから、足首を細くしたいのであれば、こまめにやっておきましょう。

着圧タイツを履いて寝る

お酒を飲み過ぎたり、塩分を摂り過ぎたりした翌朝に顔や手足がむくんでいることがあると思います。

これはアルコールや塩分の影響で体内の水分バランスが乱れた結果です。

アルコールや塩分を摂り過ぎなければ良いだけのことですが、ついやってしまったという時は着圧タイツを履いて寝ると良いですよ!

着圧タイツが寝ながらにして足先のむくみを防止してくれます。

また、寝ながら着圧タイツを履く方法は慢性的なむくみで悩んでいる人にも効果的です。

圧力が低くめで長時間履いていられるタイプの着圧タイツを使用してくださいね!

カリウムのサプリを飲む

むくみの原因は余分な水分や老廃物ですが、その水分量を調整してくれるミネラルがあります。

それがカリウムです。

食事によってカリウムを補給しておくのがベストではあるのですが、毎日必要なカリウムを食事だけで摂取するのはなかなか難しいものです。

そこでオススメなのが、カリウムを含んだサプリを飲むことです。

むくみ対策のサプリは沢山発売されていますが、その中でもカリウムを含んでいるものは効果が高いようですよ(^_-)-☆

まとめ

足首が太い人のほとんどは、脂肪ではなくむくみが原因だと考えられます。

そのため、足首を細くするには、むくみの症状を解消していくことが重要です。

今回は寝ながらでもできるエクササイズを5つご紹介しましたので、是非やってみてください!

また、ふくらはぎを鍛えたり、サプリを飲んだりと、日ごろからむくまないようにケアしていくこともとても大事です。

これらをしっかりとやれば、足首は割とすぐに細くできる部分なので、毎日ちゃんと取り組むようにしましょう(^_-)-☆

スポンサードリンク



  P.S.

開始1か月で現在189人の方が購読している<細マッチョ.com公式メルマガ>では、正しい食事と筋トレで細マッチョになるための考え方やノウハウを公開しております。

  無料メルマガにご登録いただくと、いまならの無料特典をプレゼントいたします。

  もちろん完全無料で費用は一切かかりません。

  また解除も簡単にできますので、ぜひお気軽に読んでみてください。

無料登録はこちらから↓

【細マッチョ.com公式メルマガ】