男のポッコリ下っ腹解消法!脂肪燃焼に良い方法はこれだ

30代以降の性に多い下っ腹のポッコリ。

そのほとんどはもちろん脂肪です。

そんな脂肪を落とすために、サプリや食事管理、ヨガから運動まで様々な脂肪燃焼法が提唱されていますが、本当のところそれらに根拠はあるんでしょうか?

今回は様々な脂肪燃焼法の真偽についてまとめてみました。

ポッコリ下っ腹にお悩みの男性は必見ですよ^^

スポンサードリンク



サプリで下っ腹の脂肪が落ちるって本当?

ダイエット系のサプリには大きく分けて3種類あります。

  1. 脂質や糖質の吸収を抑制するもの
  2. 脂肪燃焼をサポートするもの
  3. 食欲を抑える又は食事と置き換えるもの

それぞれにいくつもの銘柄があり、様々な原料が使われていますよね。

しかし、「脂肪が落ちる」という観点でみると、1の「吸収を抑制するもの」は目的と合わないことが分かると思います。

糖質や脂質の吸収を抑制しても今後太りにくくなるだけで、脂肪が落ちる訳ではありませんからね。

次に、2の「脂肪燃焼をサポートするもの」ですが、これはあくまでもサポートに過ぎません。

最近ではカフェインやカテキンに脂肪燃焼効果があるとよく宣伝されていますが、厳密にいえば「脂肪を燃焼しやすくする効果がある」ということになります。

脂肪の燃焼とは脂肪がエネルギーとして消費されることですから、何らかの活動が伴わないと、いくら脂肪燃焼をサポートしてもらっても意味がないのです。

最後に、3の「食欲を抑える又は食事と置き換えるもの」についてですが、これの目的は摂取カロリーを減らすことにあります。

なので、現状の体型を維持することはできると思います。

ただし、そこから脂肪を落としていくにはかなりのカロリー制限をすることになります。

それでは健康面に重大な悪影響がでますし、どのサプリにおいてもそこまでのカロリー制限は推奨されていません。

また、2と同様で何らかの活動が伴わないとほとんど脂肪は燃焼しません。

(そもそも不健康でやせ細った男性にはなりたくないでしょうからね)

つまり、サプリでは現状維持、または脂肪燃焼のサポートはできても、それ単独で脂肪を落とす力はないのです(^^;)

スポンサードリンク



食事管理で下っ腹の脂肪を落とすことができるのか?

食事管理とは正しい食生活をすることで栄養のバランスを整え、摂取カロリーを減らすことを意味します。

男性の場合ですと特にランチで揚げ物を食べることが多く、カロリーオーバーの原因となっています。

脂肪がついてしまったということは、摂取カロリーが多すぎたということなのですから、今後のことをことを考えれば食事管理は絶対にやるべきです^^

ただし、脂肪を落とすという点では、「食欲を抑える又は食事と置き換えるサプリ」とやっていることは似ています。

そのため、当然効果も似ていて、不健康になるくらいまで摂取カロリーを抑えれば脂肪を落とすことができますが、少々カロリーを抑えた程度では現状維持が精一杯です。

そもそも、脂肪を落とすにはエネルギーとして消費する必要がある訳ですから、単に食事量を減らしたり、サプリを飲んだりするだけでは落ちないんです(^^;)

マッサージやヨガで下っ腹の脂肪は落ちるのか?

最近では腸もみマッサージやヨガにもダイエット効果があるなんて言われていますよね。

まず、腸もみマッサージですが、これは腸内の老廃物を排出するデトックス効果があることが分かっています。

もちろん、便秘の解消にも役立ちます。

その意味では、排出した(溜まっていた)老廃物の分だけ体重が落ちます。

また、腸内環境が改善されることによって、余分な糖や脂が排出されやすくなります

ただし、下っ腹の脂肪を落とす効果はありません。

それではヨガはどうでしょうか。

近年はヨガをやる男性が増えていると聞きますが、ヨガの主たる目的は、血行やリンパの流れを促進することです。

それによって体内の老廃物が排出されやすくなります

なので、腸もみマッサージ同様、排出した老廃物の分だけ体重が落ちますが、下っ腹の脂肪を落とす効果はほとんどありません。

筋トレで男らしい筋肉をつけるのはどうか?

それでは筋トレはどうでしょうか?

しっかりと鍛えて腹筋がバキバキになっている男性には下っ腹の脂肪なんてついていないですよね!

結論を言うと、筋トレは下っ腹の脂肪を落とすのに効果的です。

これを厳密にいうと、「筋トレでつけた筋肉によって基礎代謝があがる」という意味になります。

脂肪が落ちるのは消費カロリーが摂取カロリーを上回った時です。

筋トレで筋肉をつければ基礎代謝(=消費カロリー)が増えますから、脂肪が落ちる状態になりやすいのです。

ただし、普段の食生活がカロリーオーバーで、摂取カロリーの方が消費カロリーよりも多ければ、脂肪が落ちることはありません。

つまり、筋トレ単独で考えるのではなく、食事管理と合わせてダイエットに取り組む必要があるということなんです!

 

有酸素運動はどうか?

ここまで様々な方法について論じてきましたが、脂肪を落とすことに関して言えば、有酸素運動がベストです。

有酸素運動とはジョギングやウォーキング、水泳、エアロビクスなどの「安定した呼吸をしながら長時間行うことができる運動」をいいます。

即効性があり、運動している際中からどんどん脂肪が燃焼していきます。

そのため、男女ともにジョギングをしている人が大変多くなっていますよね。

ちなみに、1時間ジョギングした場合の消費カロリーは250~300キロカロリーほどで、これは大盛りご飯一杯分くらいのカロリーとなります。

そう考えると結構な効果ですよね^^b

ただし、有酸素運動で脂肪の燃焼が始まるのは運動開始から約20分後です。

なので、最低でも30分は継続して有酸素運動を行わないと充分なダイエットは効果はありません。

これは重要なことなので忘れないでくださいね!

ベストなのは様々な方法を組み合わせること!

脂肪を落とすのに効果的なのは有酸素運動ですが、他の方法と組み合わせることでさらにその効果を高めることができます。

例えば、有酸素運動の30分ほど前に脂肪燃焼系のサプリを飲んでおけば、燃焼の効率がよくなります。

また、有酸素運動の直前に筋トレやヨガをすることで、本来20分かかる脂肪燃焼開始までの時間を短縮することができます。

そして何より、食事管理をしてカロリーオーバーにならないようにすることはダイエットの基本といえます。

これらすべてを行うのは困難かもしれませんが、脂肪を落とすのであれば、最低でも食事管理と有酸素運動の二つは必要となりますよ!

まとめ

よく「サプリを飲んだけど痩せなかった」とか「運動してもなかなか効果がでない」という意見を耳にしますが、おそらくそれはやり方が間違っているのでしょう。

今回ご紹介したように、サプリだけでは痩せることはできませんし、運動してもそれ以上に食べ過ぎていては意味がありません。

今回ご紹介した方法を上手く組み合わせて、男らしい体型を維持しながらダイエットできるプログラムを作ることが成功の秘訣ですよ!

スポンサードリンク



  P.S.

開始1か月で現在189人の方が購読している<細マッチョ.com公式メルマガ>では、正しい食事と筋トレで細マッチョになるための考え方やノウハウを公開しております。

  無料メルマガにご登録いただくと、いまならの無料特典をプレゼントいたします。

  もちろん完全無料で費用は一切かかりません。

  また解除も簡単にできますので、ぜひお気軽に読んでみてください。

無料登録はこちらから↓

【細マッチョ.com公式メルマガ】