脚がだるい、むくみがある。そのオススメ解消法3選♪

が疲れた、むくんだ、だるい等と感じることは多いですよね。

運動などで一時的疲れただけなら翌日には回復していることがほとんどですが、中には慢性的にむくんだり、だるいと感じている人もいます。

そこで今回は、脚がむくんだり、だるいと感じたりした時の解消法を3つご紹介します。

スポンサードリンク



脚がむくむ、だるい、その原因とは?

まずは、脚がむくんだりだるいと感じる原因からご説明していきます。

むくみやだるさは疲労の蓄積によるもの

脚のむくみやだるさは何らかの原因で疲労がたまっている時に感じるものです。

例えば激しい運動をした後は脚に大量の乳酸が溜まったり、筋肉痛になったりすることでむくんだり、だるいと感じたりするようになります。

また、長時間の立ち仕事をしている人は重力によって血液や老廃物、余分な水分が下に溜まり、うっ血したような状態になることでむくみやだるさを感じます。

こうした疲労は人間の体の構造上仕方のないことであって、本来ならば一晩ほど経てば自然と回復していきます。

ところが、人によっては、一晩経っても回復せずに、むくみがどんどん蓄積していき、年中だるいと感じるようになる人もいます

スポンサードリンク



むくみがとれる人ととれない人の差は何?

むくみがとれる人ととれない人。

この差はどこからくるのでしょうか?

その答えはリンパや血液の流れにあります。

もっといえば、リンパや血液の流れを作り出すふくらはぎの筋肉にあるともいえます。

血液やリンパは体中を循環していますが、その際、栄養素や酸素を体の各所に送り届ける役目と、各所で出来てしまった老廃物を運び去る役目を同時にこなしています。

当然、流れが良い方が運ばれてくる栄養素の量も運び去る老廃物の量も多く、快調な状態を維持することができます。

逆に、流れが悪くなると、老廃物を充分に運び去ることができなくなります

こうしてむくみがとれる人ととれない人の差が生じます。

むくみがとれなければ、だるいという感覚も続くはずですよね(^^;)

この血液やリンパの流れですが、コントロールしているのは心臓とふくらはぎの筋肉です。

特にふくらはぎの筋肉は第二の心臓とも呼ばれていて、血液やリンパを循環させるのに大きく貢献しています。

つまり、むくみがとれずに慢性的にだるいと感じている人は、ふくらはぎの筋肉が衰えていて、血液やリンパが充分に体内を循環していないのです(>_<)

慢性的なむくみやだるさの対処法3選!

さて、むくみやだるさはがいつまでもとれないと非常に不快ですよね。

しかも、むくみの原因である老廃物は固まってしまうとセルライトに変化します

そこで、慢性的なむくみやだるさでお悩みの方に、その解消法を3つご紹介します。

解消法1:ゴルフボール踏み

足つぼマッサージにいったことがある人は分かると思いますが、足の裏には臓器や器官と連動しているツボが沢山あり、疲労が溜まっている臓器や器官のツボを押すとゴリゴリ、ジャリジャリといった感触があります。

マッサージ師から「ここに疲労が溜まっていますねぇ」と指摘されたことがある人も多いはずです。

そんな足の裏のマッサージを自宅でやる方法、それがゴルフボール踏みです。

文字通り、ゴルフボールを足の裏で強く踏みつけるだけです(笑)

しかしその効果は高く、足の裏の様々な所にゴルフボールを当てていると、一時的に足先が温かくなってきます

これは血液やリンパの流れが良くなったことを示しており、毎日続けていくと、ゴリゴリ、ジャリジャリだった部分も柔らかくなってきます。

少々のむくみやだるさであれば、数分間のゴルフボール踏みを1回やるだけで一気に改善しますよ!

解消法2:フットバス

足先を温めることでも血液やリンパの流れが良くなります。

その意味で大変効果的なのがフットバスです。

リラックスタイムにテレビを観ながらできるむくみケアですね(^_-)-☆

家庭にあるたらいを使う人もいればフットバスマシンを使う人もいます。

最近ではスチームタイプのフットバスマシンも販売されています。

どれでも良いのですが、お湯の温度を逃がさない工夫が出来ている方が効果は高くなりますよ!

また、フットバス後にゴルフボール踏みをするとさらに効果が高くなります。

解消法3:ふくらはぎのマッサージ

ふくらはぎのマッサージもむくみをとるのに効果的です。

マッサージのポイントは足首から膝の裏に向けて行うことです。

これによって蓄積している老廃物や余分な水分を流しだすことができます。

また、手のひらをしっかりと押し当ててさするようにマッサージするようにしましょう!

逆に指先で押すようなマッサージでは、むくみにはあまり効果がありません。

脚のむくみの予防法

慢性的なむくみやだるさはふくらはぎの筋肉が衰えてしまっている証拠です。

なので、ふくらはぎの筋肉を鍛えることで血液やリンパの流れを復活させる必要があります。

フットバスやマッサージはむくみの解消法として効果的ですが、予防という点ではふくらはぎの筋肉を鍛えるのが一番ですよ!

そこでオススメなのがカーフレイズというエクササイズです。

まずは足幅を肩幅よりやや狭い程度にして、10㎝ほどの段差に足先の方をかけてください。

そして、息を吸いながらつま先立ちになります

ピークに達したところで3秒ほどキープします。

その後、息を吐きながらゆっくりとかかとを下します。

ふくらはぎの筋肉が引っ張られるような感覚になるまでしっかりとかかとを下したら3秒キープします。

これを20回×3セット行います。

簡単に思えるかもしれませんが、3セット目は脚がプルプルになっていると思います(笑)

特に、むくみやだるさが酷い人はかなり筋肉が衰えているので、しんどいエクササイズとなるかもしれませんね(^^;)

しかし、フットバス等で一時的にむくみを解消しても根本的な解決にはならないので、やはりふくらはぎの筋肉を鍛えておいた方が良いと思いますよ(^_-)-☆

まとめ

脚がむくんだり、だるいと感じるのは老廃物が溜まっているからです。

そんな時の解消法として、ゴルフボール踏みフットバスふくらはぎのマッサージがオススメです。

ただし、慢性的にだるいと感じている人や、むくみやすい人はふくらはぎの筋肉が衰えている可能性が高く、それを改善しないと長期的な対策にはなりません。

そこで、カーフレイズというエクササイズでふくらはぎの筋肉を鍛えて、血液やリンパの流れが良くなるようにしておきましょう!

脚のむくみは放置するとセルライトになってしまいますから、毎日しっかりとケアしてくださいね(^^♪

スポンサードリンク



  P.S.

開始1か月で現在189人の方が購読している<細マッチョ.com公式メルマガ>では、正しい食事と筋トレで細マッチョになるための考え方やノウハウを公開しております。

  無料メルマガにご登録いただくと、いまならの無料特典をプレゼントいたします。

  もちろん完全無料で費用は一切かかりません。

  また解除も簡単にできますので、ぜひお気軽に読んでみてください。

無料登録はこちらから↓

【細マッチョ.com公式メルマガ】