年代別「腹筋を割る方法」!!高校生バージョンがスゴイ(^^)/

「腹筋を割る方法」を知って、「シックスパックやクビレのある身体になりたい!」っていう人ってけっこういますよね(^^)/

「腹筋を割る方法」でググるだけで50万件以上の結果が出てくるぐらいですから、実はすごく多くの人がその方法を知りたがっているんです。

でもね、年代や性別によって、取り組み方は多少違ってくると思うんです。

だって、筋肉がつきやすい時期とかつきにくい性別とかありますもんね。

そこで今回は「高校生がシックスパックになりたい場合の腹筋を割る方法」をチェックしてみたいと思います。

スポンサードリンク



1.高校生はシックスパックになりやすいの?

AkkIの勝手なイメージでは50代のおじさんやおばさんより、10代後半の若い高校生の方がすぐ筋肉もつきそうですし、ぜい肉も落としやすそうな感じがしています。

AkkIは高校生に戻りたいって思います!だって、AkkIは高校の時は勉強しかしていないガリ勉強で、部活もしていなかったので、筋トレなんか考えたこともなかったからです。

では、実際のところ高校生はシックスパックになるのに有利なんでしょうか。

私たちの体は、一般的に二十歳前後を目安に体力・筋力のピークを迎え、その後徐々に下降線をたどるらしいです。

体力で見ると、確かに昔は徹夜ぐらい余裕だったのが、もう12時を超えて起きてることも辛くなってきたり、疲れやすくなってきたり、歳と共に衰えてきている印象があります。

スポンサードリンク



でもね、どうも筋肉は何歳でもつけれるらしいです(^^)/ただ、鍛えないとどんどん衰えていくようです。年齢と共にトレーニングしても筋肉は増えにくくなるという事実も残念ながらあります。

あと、気になるのは何歳ぐらいが筋肉が一番付きやすいか、、、ですね。

スポーツ選手が最高の能力を発揮できる年齢(ピーク)があるように、筋肉がつきやすい年齢(ピーク)もあるんです。一般的に25歳~30歳くらいまでが、筋肉を大きくするのに適した年齢だと言われています。

筋力アップするのも同じくこの年齢が一番効果的なんです。

となると、高校生は16歳~19歳ぐらいですから、ちょっと早いかもしれません。

ただ、おそらく個人差があるんだと思います。中学生の3年生でもう成人と同様の体つきになっている人、体が出来上がっている人はある程度筋肉をつけるのに適していると思われます。まだ、高校生になっても身長が伸び続けている人などは成長途中ですので、筋トレは不向きかもしれません。

その理由としては、筋トレが身長が伸びる妨げになりかねないからです。

だから、高校生で腹筋を割る方法を知りたい人は、自分の成長具合を確認しながら、トレーニングをやりすぎないようにしないといけないですね(^^)/

2.高校生が腹筋を割る方法、食事編

いつも言っていますが、筋肉をつけるためには筋トレも大事ですが、食事が最も大切です。高校生にありがちなのは、時間があるので腹筋は毎日多くするけど、筋肉が出来上がるための栄養素が足りないっていうケースです。

高校生の場合、自分で食事を作り生活をしているわけではないですから、親や家族の協力が大切です。スポーツ推薦などで高校の寮に入って、専門的な食事ができるなら別ですが。

腹筋を割るために一番必要な栄養素は、タンパク質です。

そう、肉や魚に多く含まれていますタンパク質を毎日体重の2倍摂りましょう。体重が60キロなら、120gのタンパク質を身体に入れるんです。そうすると、毎日の腹筋運動の成果が目に見えて現れて、シックスパックになります。

だから、母親に高タンパク、低カロリーの食事を作ってもらえるようにお願いしてみてください。

ちょっと普通の肉よりも割高ですが、若いうちに筋肉をつけておくことは将来的にも病気になりにくかったり、体力がついたり、姿勢がよくなったり、いいことが多いので一生懸命説得してみてください!

高タンパク、低カロリーな食材としては、納豆が安いので毎食食べるのに適しています。肉では、鳥ササミ、胸肉、豚ヒレ、牛ヒレ(輸入)、魚では、タラ、マグロ赤身などがおススメです。

このような食事をして体重の2倍のタンパク質量を毎日摂るようにしましょう。

あとは大きな筋肉の筋トレ、そして腹筋、クランチあるのみです。

でもね、腹筋と言っても色んな種類があるんです。そのあたりを次に紹介しますね!

下の画像はドラゴンフラッグっていうもので、これも腹筋の一種です(笑)

ドラゴンフラッグ

2.高校生が腹筋を割る方法、筋トレ編

実は腹筋自体はよく言われるんですが、皆さん割れているんです。ただ、腹筋の上に脂肪がのっていたり、腹筋自体が弱く薄くて見えにくいっていことがほとんどです。

ガリガリの人はタンパク質を多くとって、腹筋運動、クランチを毎日しましょう。

お腹周りにぜい肉がある人は、実は腹筋だけではシックスパックにはなりにくいです。

だって、ぜい肉を落とさないといけないから。

1)お腹周りのぜい肉を落とす方法

方法は2つあります。

一つ目は有酸素運動で脂肪を燃焼させること。つまり、ランニングやジョギング、ウォーキングを習慣化することです。一般的に言われることですが、時間がとってもかかります。走ることで消費するエネルギー、カロリーって時間を掛けるわりに、あんまり多くなかったりします。

だからAkkIはおススメしません。AkkIも神戸マラソンに出るために何百キロって練習で走りましたし、当日も42.195キロ走りましたけど痩せませんでした。

AkkIのお腹周りが痩せたのはもう一つの方法です。それは無酸素運動です。言い方を変えると筋トレを週2回以上するってこと。何時間もする必要はありません。1回最大30分で十分です。

その代わり、大きな筋肉を追い込みますこれ以上上がらないっていう重さを上げることで、筋肉に刺激がいき、筋肉が大きくなります。もちろん、食事も高タンパク、低カロリーなのでより筋肥大を促します。

大きな筋肉(胸、背中、脚)が増えることで、基礎代謝が増えて、痩せやすくなります同じ運動をしていても、それまでよりも脂肪が燃焼しやすくなります。※基礎代謝とは椅子に1日座っているだけで勝手に消費するエネルギーのこと。

つまり、お腹周りの脂肪が少しずつ減っていきます。

大きな筋肉の鍛え方についてはこちらの記事がよく読まれています。

かっこいい体になるにはこの4つの筋トレメニューをこなそう!BIG3+1

そうすると、腹筋の輪郭が見えてきます。そうなると、あと一歩です。

大きな筋肉の筋トレを週2回して、腹筋運動は毎日しましょう。腹筋は回復が早いので、毎日やっても大丈夫です。大きな筋肉は回復に時間がかかるので同じ部位を鍛える場合は48時間は開けましょう。

では、次に腹筋を割る方法を具体的にいきますね。筋肉を鍛える方法です。



2)お腹の筋肉を鍛える方法

基本は腹筋運動中でもクランチがおススメになります。

ただ、クランチといっても色んな種類があり、鍛える腹筋の部位だけでも3種類あります。

厚みのあるシックスパックを手に入れるには

・腹直筋
・内腹斜筋
・外腹斜筋

これら3か所を「どれだけ刺激するか」です!

%e8%85%b9%e7%ad%8b%ef%bc%93

だから、それぞれの腹筋を鍛える必要があるんです。

普通の学校でやる腹筋を毎日やるだけでは、お腹中央の腹筋しか厚くなりません。

横側、腰回りの腹斜筋はブヨブヨのままです。

クランチのやり方、種類、大切さについては、こちらの記事で詳しく紹介しています。

細マッチョに不可欠なクランチ(腹筋)7種を大公開!アナタの腹筋は効率的ですか?

なお、クランチを続ける上で大切なことは以下4つです。

  • 正しいフォームでやること※間違ったフォームですると狙った筋肉に効かなかったり、傷めたりする。
  • やりすぎないこと。筋肉痛がある日は控えて、次の日にすること。特に最初の頃は徐々に取り組みましょう。
  • 10回×3セットが基本ですが、普通に出来るようになってきたら、セットごとの回数も増やして、特に3セット目はお腹が攣るぐらい追い込みましょう。
  • クランチ後は、タンパク質をシッカリ摂りましょう。ホエイプロテインが吸収しやすく、便利です。

なお、プロテインについてはこちらの記事がよく読まれています。

ビーレジェンドの評判と口コミを知る前に、絶対に他のプロテインを購入してはいけません!

プロテインについて「ボディビルダーが飲んでる怪しいやつでしょ?!」とか思っている方も多いですが、最近では嵐の松潤も飲んでいますし、味も美味しいです。この10年で結構一般的になってきています。

また1杯100円以下ですから、肉や魚でタンパク質を摂るよりも経済的なんです。

そのあたりについてはこの記事で説明していますので参考にしてください(^^)

【プロテインの疑問 一問一答】細マッチョになるのにプロテイン(ソイプロテイン)って必要?

3.年代別腹筋を割る方法!高校生バージョン まとめ

今回は「年代別腹筋を割る方法!高校生バージョン」っていうことでチェックしてきましたが、いかがでしたでしょうか。

おさらいすると、

①一般的に25歳~30歳くらいまでが、筋肉を大きくするのに適した年齢。でも高校生で体がある程度出来上がってくると、筋肉はつきやすいし、つけても大丈夫。※まだ成長している高校生はやりすぎに注意!

②腹筋を割る方法としては、お腹周りのぜい肉をとりながら、筋肉を鍛えることが大切。

③お腹周りの脂肪を減らすには有酸素運動では時間がかかりすぎるので、筋トレ(無酸素運動)で筋肉を大きくし、基礎代謝を上げて、脂肪を減らそう。

④並行して、毎日腹筋運動をしよう。腹筋は学校でやるシットアップではなく、クランチがおススメ。

⑤クランチをした後はプロテインでタンパク質を補給すると、筋肥大しやすくなる。

といったところでしょうか。

高校生の時って力が有り余っていた気がします!

元気があれば腹筋も出来る、絶対腹筋も割ることが出来ますので、とりあえず3か月間がんばってみましょう!

 

それでは今回はこのへんで。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

なお、筋トレや腹筋運動は嫌だけど、、シックスパックになりたいって方、忙しくて筋トレや食事制限している暇がないっていう方は、スレンダーマッチョプラスっていう加圧シャツを検討してみてください!

加圧効果でお腹周りの脂肪が減るという口コミが多いです。結構売れていて、レビューもいいです!!

 %e3%82%b9%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%83%80%e3%83%bc%ef%bc%92

【口コミと評判、効果なしは嘘?】スレンダーマッチョプラスでは痩せれないって言われたけど、、、

スポンサードリンク



関連記事はこちら!

    None Found

管理人AKkiがおすすめする着るだけで脂肪燃焼するTシャツ?!

ABOUTこの記事をかいた人

社会人になり晩酌を覚え、結婚し、好きな物を毎日3食、普通に食べていたら、 10年間で10キロ以上太って、正真正銘のメタボになってました。77キロ→約90キロ 妻から結婚する前はこんなブヨブヨな身体じゃなかったのに、、と言われ、一念発起! 数々のダイエットをし、失敗してきましたが、 今回150日間で体重で約15キロ減、体脂肪率約11%減を達成できました。 「痩せる方法がわからない」 「ダイエットをしても続かない」 といった方々に、私が今回取り組んだ効率の良いやり方・考え方を少しでも伝えたいと思っています!