漢方薬がお腹の脂肪を落とすって本当?おすすめは生漢煎☆彡

お腹脂肪落とす方法はいくつかありますが、漢方薬もその一つだと言われています。

しかし、漢方薬と聞くとなんとなく馴染みがなく、効果を疑う人もいると思います。

そこで今回は、本当に漢方薬でお腹の脂肪を落とせるのか、について調べてみました。

スポンサードリンク



そもそも漢方薬って何?

漢方薬という言葉はよく耳にしますが、実際にはどんなものなのかご存知でしょうか?

漢方とは中国の伝統的な医療方法の事で、5世紀頃に日本に伝わりました。

その漢方に用いられる薬が漢方薬です。

 

漢方薬は草や木、動物に鉱石など自然に存在する材料を組み合わせて作られています。

これらの材料を総称して生薬と呼びます。

現在販売されているサプリには、この生薬を原料に使用しているものが非常に多いことから、いかに漢方薬の効果が高いかが分かると思います。

また、漢方薬は医薬品として扱われているので、現在でも多くの怪我や病気の治療に使われています。

こうしてみると、普段馴染みの薄い漢方薬も、実は私たちの生活の身近にあり、知らない内に飲んでいたのかもしれませんね^^

スポンサードリンク



漢方薬はダイエット効果も期待できる

さて、医薬品として使われている漢方薬ですが、使われる生薬によってはダイエット効果も期待できると言われています。

そこで、漢方薬の主なダイエット効果を調べてみました。

便通改善

便秘になるとお腹がはってポッコリしてきますよね。

慢性的な便秘症の人はこのせいで常に太って見えてしまいます。

また、便秘になると老廃物や余分な脂質の排泄が滞ってしまうため、余計に太りやすくなります。

なので、便通は改善しておく必要がある訳ですが、生薬の中には便通改善の効能を持つものもあるようです。

便秘を改善する生薬

  • 芒硝(ボウショウ)
  • 大黄(ダイオウ)
  • 白朮(ビャクジュツ)

これらの生薬に含まれる成分は、現在販売されている便秘薬に配合されています。

ということは、これらの生薬を含んだ漢方薬も便秘を改善する効果があるということになりますね。

血行促進

血行が悪くなると、手や足が冷えるばかりか、老廃物や余分な水分が溜まってむくみやすくなってしまいます。

そしてこの老廃物や余分な水分が固まったものがセルライトなのです。

つまり、血行を良くして老廃物や余分な水分を排出することは、ダイエットをする上で非常に重要なのです。

そこで、血行を良くする生薬はあるのかというと・・・ちゃんとあるんです!

血行を良くする生薬

  • 芍薬(シャクヤク)
  • 川キュウ(センキュウ)
  • 当帰(トウキ)

芍薬(シャクヤク)に関しては聞き覚えがある人もいるかもしれませんね。

そう、あの「養命酒」の原料となっていて、TVCM中にも「芍薬(シャクヤク)」と確かに言っています。

こうした生薬を含んだ漢方薬であれば、血行を良くする効果が高いと言われています。

基礎代謝の上昇

体についてしまった脂肪を落とすためには燃焼させてエネルギーとして消費するしかない訳ですが、それには基礎代謝をあげることが一番です。

通常、基礎代謝をあげるには筋肉をつけるのが良いと言われますが、実は生薬の中には発汗を促進して基礎代謝をあげる効能をもつものもあるようです。

基礎代謝をあげる生薬

  • 生姜(ショウキョウ)
  • 麻黄(マオウ)
  • 薄荷(ハッカ)
  • 防風(ボウフウ)

これらの中で有名なのは生姜ですよね。

生姜の基礎代謝上昇作用を利用した脂肪燃焼系サプリも沢山発売されています。

もちろん、これらの生薬を含む漢方薬でも基礎代謝の上昇が期待できるということになります。

漢方で脂肪を落とすことができる?

さて、ここまで見てきたように、生薬には「基礎代謝をあげて脂肪を燃焼させる」「血行を良くして老廃物や余分な脂肪を流す」「便通を改善して排出力を高める」といった効果があります。

つまり、これらの効果を持つ生薬を組み合わせて作られた漢方薬であれば、脂肪を落とす効果が期待できるということになる訳です。

漢方薬は薬局でも市販されていますから、原材料をチェックして、ここまでにご紹介した生薬が入っている物であれば、購入してみても良いと思いますよ♪

おすすめの漢方薬は?

ダイエットに効果的な生薬を含んだ漢方薬は実は沢山販売されています。

生薬が天然の物であるだけに、副作用が起こりにくいので、安心して飲めるという利点があるからです。

そこで脂肪を落とすために最もおすすめの漢方薬を調べてみたところ・・・

どうやら防風通聖散という漢方薬が良いようです。

防風通聖散には、

  • 防風(ボウフウ)
  • 麻黄(マオウ)
  • 大黄(ダイオウ)
  • 連翹(レンギョウ)
  • 桔梗(キキョウ)
  • 芍薬(シャクヤク)
  • 薄荷(ハッカ)
  • 白朮(ビャクジュツ)
  • 芒硝(ボウショウ)
  • 山梔子(サンシシ)
  • 滑石(カッセキ)
  • 黄ごん(オウゴン)
  • 生姜(ショウキョウ)
  • 荊芥(ケイガイ)
  • 当帰(トウキ)
  • 甘草(カンゾウ)
  • 石膏(セッコウ)
  • 川きゅう(センキュウ)

といった生薬が含まれています。

便通改善に効く大黄(ダイオウ)、血行を良くする芍薬(シャクヤク)、基礎代謝をあげる生姜(ショウキョウ)等が含まれているので、ここまでご紹介してきた効能を完璧に網羅していることになりますね!

まさにお腹の脂肪を落とすダイエットのための漢方薬と言えそうです。

実際、防風通聖散は多くのメーカーで生産・販売されています。

脂肪を落とすことで有名な「ナイシトール」や「コッコアポ」も、名前が違うだけで実は防風通聖散なんですよ^^

しかし、今回調べた中でもっともおすすめの防風通聖散は??

それは「生漢煎」という防風通聖散です。

「生漢煎」は通販で購入することができ、初回3,900円(一ヶ月分)です。

なぜ「生漢煎」がおすすめなのかというと、

  • 独自の製法により添加物を極力減らしていること
  • 有効成分を可能な限り凝縮して配合していること
  • 錠剤ではなく顆粒なので吸収されやすいこと

があげられます。

同じ防風通聖散であっても、製法や形状によって効果が変わってくるんですね!

ちなみに、「生漢煎」は1日3回、食前に水と一緒に飲むと良いようです。

「生漢煎」防風通聖散の注意点

脂肪を落とすのに効果的な漢方薬、防風通聖散の「生漢煎」ですが、その効果が非常に高いため一部の人には効きすぎてしまうことがあるようです。

そのため、以下の様な状態の人は、防風通聖散を飲むのは控えた方が良いと言われています。

防風通聖散を飲むのは控えた方が良い人

  • 虚弱体質な人
  • 胃腸の調子が悪い人
  • 発汗が多い人
  • 循環器系に異常がある人
  • 腎臓病、排尿障害、甲状腺異常のある人
  • 高血圧、心臓病、脳卒中既往の人

例えば病院で薬を処方してもらう際、事前に問診票でアレルギーや体調を申告しますよね。

その申告内容と病状に合わせて医師が薬を処方する訳ですが、この時、不向きだと判断された薬は処方されません。

漢方薬も同じで、体調や病状によっては不向きな人もおり、その場合は飲んではいけないのです。

いくら脂肪を落とすためとはいえ、不向きな場合は控えるようにしてくださいね!

まとめ

漢方薬の原料である生薬には様々な種類があります。

中には便通改善、血行促進、基礎代謝上昇などの効果を持つものもあり、それらを組み合わせた漢方薬「防風通聖散」はダイエットに非常に効果的だと言えそうです。

とくに防風通聖散の「生漢煎」は成分が体に吸収されやすい等の長所があり、おすすめの漢方薬となっています。

脂肪を落とすためにサプリや漢方薬をお探しであれば、ぜひ試してみると良いですよ!

 

なお、防風通聖散の生漢煎については、こちらの記事がよく読まれています。

衝撃!生漢煎(防風通聖散)の口コミ10件を徹底検証!

 

スポンサードリンク



  P.S.

開始1か月で現在189人の方が購読している<細マッチョ.com公式メルマガ>では、正しい食事と筋トレで細マッチョになるための考え方やノウハウを公開しております。

  無料メルマガにご登録いただくと、いまならの無料特典をプレゼントいたします。

  もちろん完全無料で費用は一切かかりません。

  また解除も簡単にできますので、ぜひお気軽に読んでみてください。

無料登録はこちらから↓

【細マッチョ.com公式メルマガ】