必見!ダイエットに人気のささみを使った脂肪燃焼スープレシピ☆彡

ダイエットに効果的だと言われて人気の食材は沢山ありますが、その中でも特に人気なのがささみですよね。

高たんぱくで脂身が少ないヘルシーさが評価され、女性を中心に消費量が伸びているのだとか。

コンビニ等でもささみを原材料としたサラダチキンが人気ですよね!

そこで今回はささみを使った脂肪燃焼スープのレシピをご紹介します。

ささみがダイエット中の人に人気な理由とは?

ささみを食べてダイエットをしている女性が増えているとニュースにもなるほど、昨今はささみの人気が高まっていますよね。

では、なぜささみがそれほど人気なのでしょうか?

ささみの栄養素をみてみると、

  • エネルギー   106キロカロリー
  • タンパク質   24.1g
  • 脂質      0.5g
  • 鉄       1.2mg
  • ビタミンB1    0.5mg
  • ビタミンB2    0.10mg
  • ビタミンE      0.21mg
  • コレステロール 60mg

となっています。

ちなみに、唐揚げなどに使われる鶏のモモ肉と比べてみると・・・

  • エネルギー   181キロカロリー
  • タンパク質   18.3g
  • 脂質      11.0g
  • 鉄       0.9mg
  • ビタミンB1    0.10mg
  • ビタミンB2    0.19mg
  • ビタミンE      0.52mg
  • コレステロール 85mg

よく見てみると、減らしたいエネルギーとコレステロールはささみの方が少なく、多く摂りたいそれ以外の栄養素はささみの方が多いですよね。

つまり、栄養源としてはモモ肉よりも上質ということになります。

とくにカロリーはモモ肉が100gあたり181キロカロリーもあるのに対して、ささみは106キロカロリーと40%もカットできるんです!

この差は大きいですよねぇー^^b

まさにこれがささみが人気な理由なのです。

いくら運動して脂肪燃焼させても、食事の方でカロリーオーバーになっていては意味がありません

かといって、タンパク質を摂取しないとどんどん筋肉が減ってしまう・・・

そんなジレンマを解決してくれるのがささみということになりますね(^_-)-☆

脂肪燃焼スープダイエット中はもちろんのこと、普段からささみを食べるようにしておくと、カロリーオフになってヘルシーですよ!

ところで、脂肪燃焼スープって何?

ささみが食材として優秀なのが分かったところで、脂肪燃焼スープを使ったダイエット方法についてもご紹介します。

脂肪燃焼スープを使ったダイエット方法は、外科手術を前に短期間で痩せる必要のある患者さんのために考えられたダイエット方法です。

その名の通り、1週間スープを食べ続けるダイエットになりますが、科学的にしっかりとした実績があり、ルールを守ってレシピ通りにやれば1週間で必ず痩せることができると言われています。

ちなみに、一般的な体型の人なら1週間で2~3kgの体重減少が期待できるようです。(多い人だと8kgほど減少することも)

そんな脂肪燃焼スープダイエットに用いる基本的なスープの作り方は以下の通りです。

基本的な材料
  • 玉ねぎ  400g(大2個)
  • キャベツ 1/2個
  • ピーマン 100g(4個)
  • セロリ  1本
  • 人参   1本
  • トマト缶 2缶
  • コンソメ 適宜
  • 水    ひたひたになるくらい
  • 塩    適宜
  • こしょう 適宜

脂肪燃焼スープダイエットはルールをしっかりと守ることがポイントですから、基本的なスープはこのレシピ通りに作ってくださいね!

脂肪燃焼スープダイエットの1週間メニュー

ルールを守れば1週間で必ず成果がでるという脂肪燃焼スープダイエットですが、1週間の食事メニューがどんなものになるのかが気になりますよね。

そこで、基本的なメニューをご紹介します。

  • 1日目:スープ+フルーツ(ただしバナナを除く)水分は水か100%フルーツジュース(甘味料の入っていないもの)、お茶
  • 2日目:スープ+野菜(豆類、トウモロコシを除く)
  • 3日目:スープ+野菜(じゃが芋を除く)+フルーツ
  • 4日目:スープ+バナナ(3本)+スキムミルク(500ml)
  • 5日目:スープ+肉(または魚)+トマト(最大6個)肉は350~700gくらいで脂肪分の少ない物
  • 6日目:スープ+牛肉+野菜(じゃが芋を除く)
  • 7日目:スープ+玄米+野菜+フルーツジュース

毎日基本となる脂肪燃焼スープを飲み、それに加えてバナナや肉類、魚などを食べていくことになります。

ここで注目なのが5日目に食べる肉350~700gです。

いくら必ず痩せるダイエット方法とはいえ、ここで脂身の多い肉を食べてしまってはダメです。

そこで食べるべきなのが、さきほどからご紹介しているささみなのです。

やや味気ないささみですが、レシピ次第ではとても美味しく食べることができますよ!

<ちょっとブレイク>

なお、脂肪燃焼スープについてはこちらの記事でも紹介していますよ(^^♪

トマト缶で激うまダイエット!脂肪燃焼スープ簡単レシピ☆

ささみを使った脂肪燃焼スープ(5日目用)のレシピ

それでは脂肪燃焼スープと一緒に食べるささみのレシピをご紹介します。

もっともヘルシーなレシピは、ささみを蒸すことです。

蒸し料理にすることで、余分な脂分がとれて、非常にローカロリーな食べ物になります。

こうしてできたささみの蒸し肉を脂肪燃焼スープにトッピングして食べるのがベストです。

ただし、、、これだけでは少々味気ないレシピですよね(^^;)

4日目までお肉をセーブして薄味で耐えてきた体にはちょっと物足りないと感じることでしょう。

そこでおすすめなのが、炊飯器を使った調理法です。

まずは生のささみに塩、胡椒をふります。

次にそのささみをジップロックにいれ、封をします。

これを水を張った炊飯器にいれます。

あとはフタを閉めて1時間ほど保温モードにするだけです。

こうして調理したささみ肉は蒸した時よりもしっとりとジューシーで塩、胡椒の味もしっかりとついています。

またジップロックの中にスライスしたニンニクやショウガ、バジル、ローズマリーなどをいれて風味付けしても美味しくなります

ほとんど手間がかかならい調理法ですが、コンビニ等で販売されている最近人気のサラダチキンよりも美味しくできますよ!

まとめ

脂肪燃焼スープダイエットは、1週間脂肪燃焼スープを食べ続けるダイエット方法です。

その5日目に大量にお肉を食べるのがルールとなっていますが、そこでおすすめなのがささみです。

ささみは高たんぱく、低カロリー、低コレステロールなので、ダイエットフードとしてはとても優秀だからです。

また、ささみは普段の食事におけるたんぱく源としても優れています。

蒸し料理にしたり、オーブンで焼いたりしても良いのですが、美味しく食べるにはジップロックに入れて炊飯器の保温モードで加熱するのがベターです。

いくら脂肪燃焼スープダイエットで短期的に痩せても、その後の食生活が乱れていてはすぐにリバウンドしてしまいます。

そういったことにならないように、普段の食事にささみを取り入れて、なるべくカロリーカットすることを心掛けるようにしましょう!

 

AKKIおすすめ「とりささみ」の缶詰です。

タンパク質が足りない時に、サラダにイン!これすごくいいですよ。

<ちょっとここだけのおススメ○○>

脂肪燃焼スープもいいんですが、

AkkIも長年愛用している脂肪燃焼に効果的でコスパの良いサプリを紹介しますね(^^♪

かなり効果があります!2週間で3キロ減りました(^^♪

なお、男女別に以下の公式サイトで丁寧に説明していますよ!

衝撃!生漢煎(防風通聖散)の口コミ10件を徹底検証!

 

U-NEXTはアニメが無料!

1ヵ月無料で好きなアニメが見放題!

もうTSUTAYAやGEOに借りに行く必要ありません!

家でも出先でもスマホでもPCでもOK!

「東京喰種トーキョーグール」

「転生したらスライムだった件」

「抱かれたい男1位に脅されています。」

他、今話題のアニメが勢ぞろい!

少年だけじゃなく、少女アニメもそれ以外も充実☆

アニメ全作品数2600の内、見放題が1300ってすごいかも。

※気に入らなかったら簡単に解約できます(^^♪