ソフトマッチョと細マッチョの違いとは?「こんな細マッチョは嫌だ」大暴露!!

皆さん、最近ソフトマッチョっていう言葉が巷で使われるようになってきているんですが、ご存知ですか?

スポンサードリンク



ソフトと言うくらいですから、優し気な印象を受ける言葉ですが、どんな意味なんでしょうか?

細マッチョとの違いはいったい何なんでしょうか?

逆にソフトマッチョは、細マッチョに変わる一大ブームになるのかもしれませんっ!?

そこで、今回は「細マッチョとソフトマッチョの違いとは?「こんな細マッチョは嫌だ」大暴露!!」ということで、色んな角度からチェックしていきたいと思います。

1.細マッチョとは

ゴリマッチョと細マッチョというワードはプロテインウォーターというテレビのCMで2009年に認知されました。

松田翔太さんと中村獅童さんが出ていたコマーシャルです。

二人とも若々しいですね!でも、「細マッチョとは何ぞや?」となると、、

スポンサードリンク



服を着ていると普通で、ただ、脱ぐとすごい筋肉質で締まった身体をしている、イケてるヒトということじゃないかと思います。

いわゆる「服を着ているとわからないが、脱ぐとすごい筋肉質で、締まった身体」ですね。

女の子から「触らせてー」って言われるようなシックスパック、そう割れた腹筋。

そして、もちろん上半身逆三角形ですね!

芸能人で言うと、

元祖細マッチョ 俳優の松田翔太さん

服着てたら筋肉がついてるってわからないでしょ(^^)/

松田① 松田②

 

 

 

 

 

 

 

 

B’zの稲葉浩志さん

も間違いなく細マッチョですね!

稲葉さん⑤
稲葉2

 

 

 

 

 

 

2.ソフトマッチョとは

ソフトマッチョはここ最近に出来た言葉で、ソフトマッチョについて調べていくと色んな事がわかりました。

どうも女性が名づけたような気がします。

ちょっと列挙してみますね。

  • 体型のムキムキ度や太さでいくと、ゴリマッチョ→ソフトマッチョ→細マッチョ の順で細くなっていきます。
  • ただ、ソフトマッチョと細マッチョの差は非常に微妙。
  • 普通ぐらいの体型で適度な筋肉がある。
  • 運動や仕事で鍛えられた筋肉がついていて、ウエストが締まっている。
  • 立ち居振る舞いが洗練されており、俊敏な身のこなしが出来る
  • 自信にあふれ、堂々としている。
  • フェロモンが出ている。
  • シュワルツェネッガーのような「いかにもマッチョ」ではなく、引き締まった筋肉がついている。
  • 優しくてオシャレ。男らしくもありながら、威圧感が無い。女性的には自分より細いと嫌なので、ちょうどいい。
  • フットサルや草野球など、スポーツをする習慣があり、適度な筋肉がある。
  • 肩幅が広く、ウエストにくびれがある。
  • 紳士的でさわやか、そしてしなやかな体つき。
  • 柔道やラグビーをやっている人たちの体型ではなく、どちらかというと水泳やバレエをやってる人の体型に近い。

 

ソフトマッチョには具体的な基準というのは無さそうですが、なんとなく見えてきたのは、

細マッチョよりも少しゴリマッチョに近い。細マッチョほど細くない。

・態度や身のこなしが柔らかで、紳士的しなやかで爽やかな印象

・もちろん肩幅はシッカリあり、くびれもあるため、上半身は逆三角形

といったところでしょうか。

 

細マッチョとほぼ同じようですが、細マッチョよりソフトマッチョの方が、より女性受けが良さそうですね。

受ける印象としては若くて細いカラダに筋肉がついた細マッチョに比べると、ソフトマッチョ大人の男性の洗練された感じを受けます。

同義語と説明しているサイトもありましたし、細マッチョとソフトマッチョは大きくは変わらず、違いも少ないと思います。

ただ、ソフトマッチョの方が優しい、紳士的なイメージが湧くのはAkkIだけでしょうか。その辺が違いなのかもしれません。

共通するところは、

  • 普通に服を着ていると筋肉があるのはわからないが、さりげなくシャツの袖をまくり上げたら、たくましい腕
  • うっすらきれいな薄い適度な筋肉お腹ポッコリしてたり、たるんだりしていない
  • ナチュラルで不自然でない。さりげない筋肉。
  • 姿勢がよく、清潔感があり、爽やか。すらっとした印象。
  • ムキムキ感もなく、あまりカラダの自己主張をしない

というところでしょうか。

日本では海外に比べ、身の危険にさらされることが少ないので、女性が男性に力強さを求める意識は低いと思います。

だから、どちらかというと、男性ホルモンが多いの男性的な男性よりも、中性的で青年のようなきれいなすらっとした体型で、それで筋肉も少しついている男が望まれているようです。

ソフトマッチョの人も実はプロテインを飲んでたりします。実は嵐の松潤も飲んでるとか。

プロテインに興味がある人はこちらをどうぞ。⇒ソフトマッチョにおススメのプロテイン ベスト3!美味しい飲み方はこれだっ!!



3.ソフトマッチョ≒細マッチョになる方法

誰でも簡単になれるわけではありません。

強い意志と努力が必要です。

でも、それさえあれば、一瞬ではなれませんが、時間を掛ければソフトマッチョ≒細マッチョにはなれます!

なるための大きな要素は2つ。

食事と筋トレです。割合的には食事7、筋トレ3ぐらいの意識で取り組みます。

1)ソフトマッチョ≒細マッチョになるための筋トレ

まず、身体の奥に眠っている筋肉を目覚めさせましょう。

学生の時、クラブ活動などで鍛えた筋肉が体の中に残っています。

筋トレは週2~3回。AkkIは週2のトレーニングで3か月で10キロ以上体重が減りました

もちろん食事を変えたことの影響も大きいです。

筋トレは何をすればいいかというと、体の中の大きな筋肉を刺激し、鍛えることから始めます。

具体的に言うと、太ももの筋肉(大腿筋)、胸の筋肉(大胸筋)、背中の筋肉(広背筋)などを鍛えます。

初心者が間違いやすいのは、小さな筋肉ばかり鍛えてしまうことがあります。

例えば、見た目でわかりやすい、上腕二頭筋などを一生懸命鍛えてしまい、腕は太くなったけど、全然痩せない。

細マッチョに近づかないっていう例です。

大きな筋肉を鍛えるのには意味があって、大きな筋肉を鍛えることで基礎代謝をアップさせ、ふだん何もしていなくても消費するカロリーを増やすんです。

「痩せやすく太りにくいカラダを作る」ってことです。

そのために、太ももの筋肉(大腿筋)、胸の筋肉(大胸筋)、背中の筋肉(広背筋)を中心に追い込みます!

そのトレーニングの効果的な方法として、バーベルを使用したBIG3というメニューがあります。

 

紹介するので、是非トライしてみてください(^^)/

実は「初心者はBIG3だけやっておけば問題ない」と言われるぐらい効果のある3種目です。

ビッグ3は「コンパウンド種目」(複数の関節や筋肉を動かす種目)のため、多くの補助筋群が使われます。

そのため、全身の筋肉を隈なく鍛えることが出来るとっても優れたトレーニングメニューなんです。

 

メリットは、複数の筋肉を同時に鍛えられるため全身を効率的に鍛えることが出来ることと、大きな重量を扱えるためトレーニングの強度を上げられることでしょうか。

では、モグリと思われないよう、まずはBIG3から紹介しますね。

私も今もBIG3の虜です(^^)/

①スクワット

まずは下半身を鍛えましょう。

バーベルスクワットスクワットは大腿四頭筋やハムストリングス、大臀筋(ケツ)など下半身の筋肉全部に効きます。

その結果、無駄なぜい肉が減り、脚が細くなり、足が長く見えるようになります。

スクワットは、全身に負荷のかかるトレーニングメニューです。

そのため、終わった後は、エネルギーが全て無くなった様な疲れを感じるかもしれません。

しかし、それだけ、効率的に、短期間で、もも、ふくらはぎ、体幹、腹筋、背筋など多くの筋肉を動員することができる最強のトレーニングなんです。

持久力強化にもつながります。

最初は何も持たず、10回ギリギリできる負荷で、10回1セット×3セットでいいと思います。

ただ、少しずつ負荷を増やしていきましょう。

バーベルを持つのでもいいし、ダンベルでもいいです。

その段階になってきたら、自分の体重の1.2倍の重さを持ってできることを目標にして取り組みましょう。

ジムの帰りに足がガクガクになっていれば、良いトレーニングが出来たということです。

スクワットについては、こちらの動画を参考にしてみてください!シッカリお尻が下がっているかが大切です(^^)/

②ベンチプレス

ベンチプレス大きな胸、肩、腕を作る上半身最強のトレーニングメニューです。

「ツラいときはいつでも俺の胸に飛び込んで来い!」って堂々と言えるぐらいの胸板を作れます^^

メインのターゲットは大胸筋と上腕三頭筋。あわせて、体を安定させるために腹筋や背筋などの体幹も鍛えられちゃう便利な奴です。

やってみると押しつぶされそうになり、死にそうになりますが、、、(笑)

管理人AKkiの妻 愛用!着るだけでクビレが出来るブラトップ💛


ABOUTこの記事をかいた人

社会人になり晩酌を覚え、結婚し、好きな物を毎日3食、普通に食べていたら、 10年間で10キロ以上太って、正真正銘のメタボになってました。77キロ→約90キロ 妻から結婚する前はこんなブヨブヨな身体じゃなかったのに、、と言われ、一念発起! 数々のダイエットをし、失敗してきましたが、 今回150日間で体重で約15キロ減、体脂肪率約11%減を達成できました。 「痩せる方法がわからない」 「ダイエットをしても続かない」 といった方々に、私が今回取り組んだ効率の良いやり方・考え方を少しでも伝えたいと思っています!