即効ダイエット!お腹の脂肪を運動で簡単に落とす方法♪

年齢と共にお腹脂肪がついてきた・・・

そんな風に感じている人も多いと思います。

しかし、お腹の脂肪は運動によって比較的簡単に落とすことができるのです!

そこで今回は、お腹の脂肪を短期間で簡単に落とす方法をご紹介します。

スポンサードリンク



お腹につく脂肪とは・・・

まず、脂肪には二種類あります。

それが皮下脂肪と内臓脂肪です。

皮下脂肪とはその名の通り皮膚のすぐ下に付くもので、指でつまむことができます。

主に体の保温や臓器の保護に作用します。

一方、内臓脂肪とは内臓の周りにつく脂肪です。

この脂肪はいざという時にエネルギーに変換できるように貯蔵されているものです。

そして、お腹の周りにつく脂肪のほとんどは、この内臓脂肪だと言われています。

手でお腹を触るとブヨブヨしているので皮下脂肪のように思いがちですが、ポッコリとお腹がでてくる原因となっているのは内臓脂肪の方なんです^^;

特に男性は内臓脂肪がつきやすい体質なので、いわゆる中年太りになりやすいのです。

スポンサードリンク



お腹についた脂肪を簡単に落とすことができる訳

お腹の周りについている内臓脂肪。

それが簡単に落とせる理由は、内臓脂肪には燃焼しやすいという特徴があるからなんです。

前述の通り、内臓脂肪はいざという時のためのエネルギー源です。

つまり、そのいざという時がくれば、自然と分解されてエネルギーとして消費される訳です。

そして、そのいざという時の状態を作りだすのが運動なのです。

通常、人間は血液中の糖質をエネルギー源として消費しながら活動しています。

普通に歩いたり、呼吸したりといった基本的な活動には血液中の糖質だけで充分に足ります。

(ちゃんと食事を摂っていればの話です)

しかし、ある程度の時間運動をすると、血液中の糖質を使いきってしまい、エネルギー源が不足してきます。

その時に使用されるのが内臓脂肪であり、この仕組みを俗に脂肪燃焼と呼びます。

「脂肪を落とすには運動が必要」とよく言われますが、それはこういう仕組みになっているからなんですよ^^

運動でお腹の脂肪を簡単に落とすためのポイント

脂肪燃焼の仕組みが分かったところで、もう少し運動と脂肪燃焼の関係についてご説明しておきます。

脂肪を落とすために運動をするといっても、運動の種類ややり方によって効果がまったく変わってきます

というのも、脂肪を落とす(=脂肪燃焼)ためには、先に血中の糖質を使いきってしまう必要があり、そのためには心拍数が110~120くらいの運動を20分ほど続けなければならないからです。

さらにいうと、20分で脂肪燃焼が始まる訳ですから、脂肪を落とすためにはそれ以降も運動を続けなければなりません。

つまり、長時間にわたって続けることができる運動をするのが良いということになります。

ジョギングなどの比較的負荷の少ない有酸素運動が脂肪を落とすのに良いと言われるのは、有酸素運動であれば長時間であっても運動を続けることができるからなんですね。

(激しい運動になってしまうと長く続けることができませんからね^^;)

ちなみに、ジョギングで脂肪を落とすことを考えるのであれば、30分ほどは走り続ける必要があります。

そのため、「そんなに長く運動するのか・・・⤵」と思う人もいると思います。

そこで運動の時間を短縮する方法を3つご紹介します。

  1. できるだけ空腹の状態で運動をすること
  2. 運動の30分ほど前に燃焼系のサプリを飲むこと
  3. 有酸素運動の直前に筋トレをすること

この3つは、血中の糖質をいち早く使いきるのに有効ですから、脂肪燃焼が始まるまでの20分間を短縮し、より多くの脂肪を燃焼させることができますよ!

お腹の脂肪を落とす運動メニュー

前述のように筋トレ(=無酸素運動)と有酸素運動を組み合わせて行うのが、脂肪を落とすのにはとても効果的です。

そこで、先に行う筋トレと後に行う有酸素運動をそれぞれご紹介していきます。

お腹の脂肪を落とす筋トレ

ワイドスクワット

下半身は非常に多くの量の筋肉が集まっている部分です。

その下半身を全体的に鍛えることができるのがスクワットです。

特にワイドスクワットと言って、両足の股を大きく広げて行うスクワットは脂肪燃焼に効果的です。

有酸素運動前に20回×3セット程度ほどやるとよいでしょう。

プランク

プランクは体幹(=インナーマッスル)を鍛えることができるエクササイズです。

両肘とつま先で体を支え、そのまま1分間ほどキープします。

1分間できない時は、まずは30秒ほどから始めてみてください。

ドローイン

ドローインは横隔膜を鍛えるエクササイズです。

画像のようにお腹を膨らませながら息を吸い、お腹を凹ませながら息を吐いていきます。

これを30回ほど繰り返すだけで、かなりのトレーニングになりますよ!

お腹の脂肪を落とす有酸素運動

ウォーキング

体力に自信のない女性やシルバー世代に人気なのがウォーキングです。

有酸素運動の初級編としてはやりやすいと思います。

ただし、負荷が少ないので燃焼する脂肪も少なくなります。

最初の体ならし程度だと考えて、早めに他の運動にステップアップしましょう!

ジョギング

もはや有酸素運動の定番となっているジョギングですが、最近では膝を痛める人が増えているようです。

これは走るフォームが間違っていることと、ちゃんとしたシューズを選んでいないことが原因だと言われています。

特につま先から先に着地する走り方だと怪我をしやすいので注意してくださいね。

水中ウォーキング

下半身がメインとなりますが、水中ウォーキングはかなり高い負荷を得られる有酸素運動です。

泳ぐ必要はなく、水底を蹴って飛び跳ねるようにしながら歩いていくだけです。

画像のようにダンベルを持って行えば、さらに負荷が上がります。

自分のペースでできる割に高い負荷を得られるので、私が一番おすすめしたい有酸素運動です。

近くにプールがある人は是非やってみてください(^_-)-☆

水泳がNo.1☆お腹の脂肪を落とすのに最適な理由!

エアロビクス

エアロビクスは有酸素運動の中でも強度の高い運動です。

それだけに消費するカロリーも多く、脂肪を落とすにはとても効果的です。

初心者向けのメニューもあるようなので、一度体験レッスンに行ってみるのも良いかもしれませんね^^b

まとめ

お腹の周りにつくのは内臓脂肪です。

この内臓脂肪はエネルギー源となることから、有酸素運動によって燃焼させることができます。

有酸素運動をする際は、「空腹にしておくこと」「燃焼系のサプリを飲むこと」「直前に筋トレをすること」の3つを取り入れることで、効果が高まります。

これらを守れば、比較的簡単にお腹の脂肪を落とすことができるので、ぜひやってみてくださいね!

また、日頃の姿勢、あなたは大丈夫ですか?もしかしたら、ぽっこりお腹は正しい姿勢で改善されるかも。

歩き方次第で痩せられる☆太ももやお腹を引き締める方法

最後に、劇的に脂肪燃焼を促す○○

お腹の脂肪を落とすのをもっと効果的したいアナタには生漢煎(しょうかんせん)が必要です!!

AkkIも長年愛用している脂肪燃焼に効果的でコスパの良いサプリです(^^♪

運動する前に飲むと更に効果があります!2週間で3キロ減りました(^^♪

なお、男女別に以下の公式サイトで丁寧に説明していますよ!

衝撃!生漢煎(防風通聖散)の口コミ10件を徹底検証!

スポンサードリンク



  P.S.

開始1か月で現在189人の方が購読している<細マッチョ.com公式メルマガ>では、正しい食事と筋トレで細マッチョになるための考え方やノウハウを公開しております。

  無料メルマガにご登録いただくと、いまならの無料特典をプレゼントいたします。

  もちろん完全無料で費用は一切かかりません。

  また解除も簡単にできますので、ぜひお気軽に読んでみてください。

無料登録はこちらから↓

【細マッチョ.com公式メルマガ】